「問いを発する者の中に解がある」

一時期「自分探し」って流行りましたよね。今でも一定数はいるのでしょう。

筆者もサラリーマン時代、どうしようもない「鬱病」+「神経症」を患い(・・と今なら思える)禅門を叩きました。

片っ端から読み漁った禅本の中に「悟りとは犬の尻尾」という禅話がありました。

この話を読んで何かが吹っ切れたような気がします。

若い犬が長老犬に質問します。

「先生、悟りとはどこにあるのでしょうか?」

「ワシも若い頃随分と探したよ。そしてある日見つけた。それは尻尾なのだ。」

「随分と追いかけた。しかし追えば追うほど遠ざかる。追うのを止めるとそこにある。厄介なものだ」

そして若い犬はとぼとぼと帰って行く。

筆者が執拗に「カウンセラーは解答を述べない」というベースはここにあります。

ほとんどのカウンセリングにおいて、解答は必ずクライアントの中にすでに存在しているんです。

それを捏ねくり回す(笑)。

「気付いていないだけ」 「気付いているのに気付かないふりをしているだけ」 「気付いていても否定している」

こういうケースがほとんどです。

これには「消去法質問攻め」が有効ですね。

クライアントに「No」を山ほど言って頂く。

最後には「Noのネタ切れ」に追い込む。

なんだか戦国時代の「城攻め」に似てますよね。

まずは外堀~内堀を埋めて、三の丸、二の丸、本丸。

で、結局は「自分の中に解答はあるじゃないですか!」

となる。

終わってみれば「な~んだ、そうだったのか!」

「自分探し」・・・?

自分の外に自分が売ってるんですか?

どこかを彷徨っているんですか?

それとも誰かに盗まれちゃったんですか?

「犬の尻尾」ですってば(笑)

ツイッター始めました https://twitter.com/EzJG1z1nL4KV9Zu 運営サイト https://www.who-are-you.jp/