「正規分布 ~好き嫌い~」

前回まで何やら複雑なマトリックスを書き殴ってしまいました。 ちょっと反省しまして。 今回はわかりやすい、誰でも知っている「正規分布グラフ」の応用です。 受験の際の偏差値グラフなどによく使われますね。

実は正規分布は偏差値専用ではなくて、「世の中大体がこんな割合で出来てますよ!」という分布なんですね。

これ、皆さんの人間関係にも応用出来ますよ。

皆さんが出会う人は「何となく好き/嫌い」がほぼ7割。 残りの3割が「特に好き/嫌い」で構成されます。 この好き嫌いは「好かれる」と「嫌われる」で表現しても結構です。

「なんとな~く」が7割なら、皆さんが気に病む人間関係のトラブルは残り3割で起こっているはずです。 それこそなんとな~く気が楽になりませんか?

あんなに悩んでいた人間関係って、結局皆さんの周囲3割の知人友人で起こっているんです。 3割の好き嫌いを120%の労力で悩み続けるって効率悪いですよ(笑)。