「記憶の曖昧さ」

人間は記憶を自分の都合の良いように書き換えて、または無かったことにして生きてゆく。

これは皆さんご存じでしょうし、経験が有ると思います。

筆者もこの年齢ですので、記憶違いがたくさんあります。

そのまま生きてゆければそれはそれで結構なんでしょうが。

たまたまそれらを修正しなければならないケースもあります。

転居、何十年ぶりかのクラス会、結婚、離婚・・・等々。

自分に都合良く修正されれば良いのですが、必ずしもそうとは限りません。

始めに「事実」があって、それを「記憶」して、時間とともに「記憶」だけが変化してゆく。

これ、きっと正しい脳の働きだと思うのです。

辛いことは忘れる、嫌なことは嫌で無いように書き換える・・・。

河合隼雄先生は「嘘は常備薬 真実は劇薬」と言いましたが、「記憶違いは平穏な日常 真実の列挙は残酷」だと思うのです・・・。

たとえ記憶違いを修正する機会に恵まれても、そのまま墓場まで抱いていった方が良い場合も多々ある・・・ようですなぁ(笑)。


brains port

問い合わせ

Copyright © 2017 ブレインズポート

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町3−5−8
赤札屋ビル4F
FAX 03-6661-2375

※詳しくはお問い合わせフォームからお願いします。

株式会社ブレインズポート