「眼は口ほどに・・・?」

モノを言うんですなぁ。

カウンセラーはコトバを最大の武器にしますが、ボディーランゲージも良く見ていますよ。

やたら髪の毛を触る、目線が浮く、まばたきが多くなる、足を組む、貧乏揺すりが始まる、震える、泣く・・・等々。

これらはクライアントの重要なサインなんです。

これを見逃しては話にならない。

でも一番カウンセラーが見るのは「眼」だと思うのです。少なくとも筆者はそうです。

どれだけ沈黙が続こうとも眼だけは見ている。

今までこのブログで沈黙の重要性について何度も語りました。最低でも3分は黙って聴く。

これだけで面談はガラッと変わります。

でも沈黙していても眼は見ていて欲しいのです。

その雄弁さ、コトバとの裏腹さ、「あ、今のが本音だ!」という確信。

これらを眼で判断してみてください。

「上司と恋人は眼で口説く!」 それでも口説けなかったら??? はい、オトコを磨き、オンナを磨き、リベンジしてください(笑)。