「薬物処方との付き合い方」

精神疾患への偏見の中核に「薬物への偏見」があることは充分に考えられます。

食べ過ぎや飲み過ぎでは胃薬を飲み、頭痛なら頭痛薬を飲むのに、精神疾患で薬物を飲むことはおかしい!これは明らかに矛盾した偏見です。

筆者は必要なときに適量を服薬することは当然であり、何ら異常なことではないと考えています。

ただし、全ての薬物が患者にとって有効だという保証はありません。

ネットがこれだけ普及している時代です。

自衛手段として、副作用は何か?同時に服用してはいけない薬物は何か?程度は最低限調べておきたい点です。

もし効果が自覚出来ない場合や、明らかに症状が悪化したようなケースでは、勝手に服薬を中止せず、きちんとDrと話し合ってください。

中には患者の申し出など一切聴く耳持たずのDrも居ますが・・・。

不幸にもそのようなDrであれば転院をお勧めします。

医者は絶対ではありません。患者が選択する時代です。

従うべきは従い、調べるべきはきちんと調べ、その上で主治医を決める。

これが正常な手順かと思います。


brains port

問い合わせ

Copyright © 2017 ブレインズポート

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町3−5−8
赤札屋ビル4F
FAX 03-6661-2375

※詳しくはお問い合わせフォームからお願いします。

株式会社ブレインズポート