「人工知能とカウンセリング ~3~」

明らかに「感情」を持つロボット君が完成する日が身近であるのなら。

カウンセリングは成立する、と思うのです。

筆者の拙い知識・技術レベルでは、積極的傾聴を筆頭にこのロボット君に移植・学習出来ないカウンセリング技術が見当たらないのです。

精神分析学派・流派を超えてです。

しかも永遠に疲弊しない、24時間365日対応可能。

筆者のごとき下手くそなカウンセラーよりも、余程優秀(笑)。

あらゆる知識を満載し、全ての流派に対応し、しかもクライアントの為に涙を流せるコミニュケーションロボット君。

ちょっと魅力と恐怖を感じませんか?

脳科学でこころが解明出来ないまま、人間はこころを作り出せてしまうかもしれない。

でも悪用されると怖い。

カウンセリングは「洗脳」となり、クライアントを犯罪者にすることも自死させることも出来る。

未熟なカウンセラーが悩み多きクライアントに接するからこそ産まれる副産物。

せいぜいロボット君に勝てるのはそれくらいでしょうか(笑)。