「カウンセラーとしての良い女」

これ、本当はタブーですよね(笑)。

お前の私情だろう!と言われればそーですけど。

精神分析の世界には「転位」、「逆転位」というコトバがあります。

これから話すことは「逆転位」の話です。

「良い女」っているんですね。

それはスタイルとか美貌とか、まして流行のファッションの話ではありません。

魂とこころの話です。

こころはズタボロでも「魂」が綺麗な女性って居るんです。

魂が流血していても「綺麗な女性」っているんです。

「こんなに悲しい出来事に遭遇しているのに、なんでこのクライアントの魂は汚れないのだろう?」という女性です。

正直、慌てます(笑)。

滅多に出会えませんが。

本当に「美しい女性」って、そうだと想うんです。

涙を流しても、化粧が崩れても・・・美しい。

こういう時、カウンセラーは為す術が無いんです。

なんというか。

「この女性はこのまま傷ついていて良いんではないか?」と想えるんです。

こっちが「ボーっと」します。

全くカウンセリングになりませんが(笑)。